アフラックの口コミ・評判と4種類の数字の比較

アフラックの沿革

昭和49年から日本での保険販売を開始し、日本でがん保険といったらアフラックといえるくらい、がん保険を販売してきましたし、先進的な保障も開発してきました。
がん保険の次は医療保険で有名になりましたね。他社同様に保険金不払いの不祥事が取りざたされたこともありまして、アフラックは大分叩かれてしまったこともありました。
噂によると、契約件数が相当多かったこと、次々発売される保険商品の変更点に保険金支払い部署が追いつけなかったことが、マイナスの相乗効果を呼んで、蓋を開けたら黒焦げになっていたということらしいです。まぁ、あくまで噂の範囲とはいえ、支払い用件が増えてさらに新しくなり続ける保険金の支払い基準を完全に把握するのはかなり難しいのではないでしょうか。
このところは保険金不払いに関する不祥事などは聞かなくなりました。

アフラックのランキング

当サイト独自のランキングで、アフラックは八位です。おいおい、七位のメットライフ生命が利益額でアフラックにボロ負けしているみたいなとを書いているのに変だろ!?ですよね。
実は、メットライフより売り上げはあるのですが、ソルベンシー・マージン比率がメットライフの四ランク下なんです。メットライフと比較して経営的には勝者なんですが、保険金支払い安全度数のようなものが足を引っ張って、総合順位でメットライフの次点になったのです。総合すると、たった1ポイントの僅差で負けたみたいな感じです。
ですが、利益率ランキングも導入して、四項目の数値で比較していれば余裕でメットライフを引き離して上位にランキングされていたと思います。
集計とランキング作業が大変なので三項目にしたので、なぜ四項目の比較にしなかったのかという突っ込みはご容赦願います。

 

保険料等収入 (百万円)

基礎利益 (百万円)

ソルベンシー・マージン比率 (%)

1,675,768

325,222

775.2

アフラックの商品解説

ちゃんと応える医療保険EVER

アフラックも、アリコほどではないもののかなりの数のCMを流しています。以前は新EVERだったアフラックの医療保険も、ちゃんと応える医療保険EVERと、やたら文字数が増えましたね。これがアフラック流の生命保険の進化なんでしょうか。医療保険EVERはアフラックの医療保険として商品名を耳にしたことがある人も多いと思います。特に、一生涯にわたって病気やケガに対する保障を充実させたいというひとにおすすめです。

 

ポイント1

日帰り入院も保障され、1回の入院につき最高60日まで入院給付金が支払われる保障が一生涯続きます。
5日未満の入院の場合は、一律で5日分の入院給付金の受け取りになります。

ポイント2

1000種類の手術に対応していますが、入院なしの手術にも対応しています。

ポイント3

やっぱり保険料の安さでしょう。ですが保険料が安いのは、死ぬまで保険料を払い続ける定額タイプが安いんです。いわば、長期ローンは短期ローンよりも一位あたりの支払額が安いのと一緒です。
老後資金を極力確保したい人は、死ぬまで保険料を支払いますが60歳以後は保険料が半額になる、60歳半額タイプがいいでしょう。
老後資金に手を付けたくない方は、60歳払済タイプなら、60歳まで保険料を支払えば生涯保障が付きます。ですが、一回の保険料は高くなります。

 

 

答えはこれだ! 保険のプロのアドバイス!

無料相談で保険を見直し


保険は、生保会社のランキングで決めるより、あなたや家族の将来に合っているかどうかで決めましょう。

保険のプロが、あなたや家族にぴったりで納得掛け金の保険をアドバイス。



毎月の暮らしを圧迫しない、あなただけのプラン

保険のプロが親身にアドバイスしてくれます

あなたの自宅や勤務先でも相談可能

満足度90% 何度でも相談無料!


保険コネクト小桃左矢印