生命保険会社 ランキング

総合ランキング

すべての数値は、各生命保険会社が5月頃に一斉に発表、八月頃にアニュアルレポートとして文書化する決算内容からの抜粋です。

 

総合ランキング
  保険料等収入、基礎利益、ソルベンシー・マージン比率の三項目をこのサイト独自の手法でランキングしています。

 

第一位

第二位

第三位

日本生命

かんぽ生命

明治安田生命

 

第四位

第五位

第六位

ソニー生命

アフラック

第一生命

 

第七位

第八位

第九位

ライフネット生命

住友生命

アクサダイレクト生命

 

第十位

メットライフ生命

保険料等収入のランキング

保険料等収入
  一般企業でいう売上に当たるもので、保険の契約者から払い込まれる保険料の合計額です。

 

第一位

第二位

第三位

日本生命

かんぽ生命

明治安田生命

4,488,421百万円

4,236,461百万円

2,719,469百万円

 

第四位

第五位

第六位

住友生命

第一生命

メットライフ生命

2,508,579百万円

2,321,998百万円

1,786,773百万円

 

第七位

第八位

第九位

アフラック

ソニー生命

ライフネット生命

1,443,977百万円

1,059,269百万円

10,616百万円

 

第十位

アクサダイレクト生命

4,278百万円

経常利益または損失のランキング

経常利益
生命保険会社は基礎利益を見る人が多いと思いますが基礎利益は今一つわかりにくいので、経常利益をランキングしました。通常の営業活動で出てくる利益または損失に受取利息や支払利息などを加減した数字です。税引き後の最終利益または損失である当期純利益や損失と違って、営業活動よりも広い、会社の事業が上手くいっているかどうかを見ることができます。

 

第一位

第二位

第三位

日本生命

明治安田生命

第一生命

410,461百万円

368,360百万円

358,863百万円

 

第四位

第五位

第六位

かんぽ生命

アフラック

住友生命

308,845百万円

258,504百万円

229,933百万円

 

第七位

第八位

第九位

メットライフ生命

ソニー生命

ライフネット生命

110,306百万円

56,338百万円

-197百万円(損失)

 

第十位

アクサダイレクト生命

-3,167百万円(損失)

ソルベンシー・マージン比率ランキング

ソルベンシー・マージン比率
  生命保険会社の財務力を示す数字で、経済状況が悪化した時の支払余力がわかります。
  例えば大震災が起きて多額の保険金支払いが生じても大丈夫な度合いみたいなものです。

 

第一位

第二位

第三位

ソニー生命

ライフネット生命

アクサダイレクト生命

2,624.3%

2,455.8%

1,723.2%

 

第四位

第五位

第六位

かんぽ生命

アフラック

明治安田生命

1,130.5%

1,030.0%

937.9%

 

第七位

第八位

第九位

日本生命

メットライフ生命

第一生命

917.9%

889.0%

881.8%

 

第十位

住友生命

873.6%

 

 

 

更新で保険料が高くなりませんか?

保険のプロがぴったりな保険をアドバイス

満足度90%、強引な勧誘はありせん

専門家の保険相談は何度でも無料

保険コネクト

ランキングサイトを作っておきながら思うこと

生命保険選びは家電選びや結婚に似ているかもしれません。

生命保険会社のランキングサイトを手作りしながら思うことは、有名な会社だからと言って儲かっている会社とは限らないということです。

儲かっている会社が、保険金支払い安心度ともいえるソルベンシー・マージン比率が良い会社といえませんし、その逆も言えます。赤字会社なのにソルベンシー・マージン比率が良い会社がこのサイトで紹介した保険会社が二社もあるのですから。
生命保険は、生命保険商品を選ぶのが先であって、生命保険会社を選ぶのは二の次になる場合が多いと思うのです。
例えば
家電を買うとき、まずは見た目とか形、大きさからから選びませんか?特に冷蔵庫や洗濯機は大きさというか容量が大切ですよね。
なんで容量が大切かというと、家族がいるからです。つまり、今の家族に合っていること、実際に使う人にとって使いやすいことが最優先で、次が値段、その次あたりにメーカーの信用・信頼を考えませんか?
生命保険もそうです。
家電選びと違って、生命保険選びを例えるなら結婚に近いかもしれません。
どんなにお金持ちで、資産家で、見た目が良くても、自分に合わない人とまず結婚しませんよね。生命保険も、自分や家族の将来をちゃんと保障してくれる商品でなければ意味がありません。
そういった保険商品は、売り上げが日本一の会社でもなく、利益が日本一の会社ではないことが多いと思います。

理想的な生命保険選びのために

では、結局どうやって生命保険を選べばいいのかという疑問が出てきます。
自分でネットを見ながら研究するのもいいでしょう。
生命保険のカタログを集めるのもいいでしょう

でも、一つ忘れていませんか?
例えば家電を買うときは、店員さんに冷蔵庫の設置場所の大きさや家族の食べ物の志向などを伝えた方が、店員さんのアドバイスで納得できる冷蔵庫選びができることってありませんか?
要するに、家電のプロの知恵と経験を頼ったら良い買い物ができたことになります。

生命保険も、生命保険のプロの知恵と経験を頼った方が、良い生命保険選びができるのです。もっと言えば、生命保険も買い物なんですから専門家のアドバイスを受けた方がより納得できる買い物になります。


長い前置きですが、言いたいことは
後悔しない生命保険選びのために
生命保険のプロのアドバイスを聞いてみるのが得策。ということです。

管理人の後悔

管理人の経験ですが、自分で資料請求して生命保険を選ぶのにやたら苦労しました。死亡保険だって何種類もあるし、医療保険は各社多様な保障を用意しています。また、がん保険も加入しておきたいけど医療保険との上手な棲み分けを考えるのがよくわからなくて、本当に難しくて、自分で保険を選ぶのを諦めました

後に、生命保険のプロにアドバイスを頂きながら保険選びをしたら、楽に短時間で保険選びが完了しましたよ。しかも、その保険の保障内容と保険料は納得できる物でした。
相談は何回でも無料だし、保険選びが楽になるし、保険料が安くなって保障は厚くなるし、最初から専門家にお願いすればよかった。と後悔しています。

安心の保険無料相談

保険のプロに相談といっても、保険料を安くしたいとか、医療保障を厚くしたいとか、言いたいことを言ったら、専門家が生命保険の新しい組み合わせ案を出してくれたので、その中から私の予算と希望に合った物を選んだのです。

保険のプロは凄かったです。素人の私でも、複数種類の保険の組み合わせを思いつくには思いつくのですが、それをプロの知恵と経験でさらに深めたような、技が効いた案を持ってきました。
もちろん、無料相談したからと言って生命保険に加入しなければいけない
という義務はありません
少しでも気に入らない提案は気軽に断れます

自分一人で保険選びをしたら、この保険料でこんなに上手い保険選びはできなかったと、今でも思います。

 

答えはこれだ! 保険のプロのアドバイス!

無料相談で保険を見直し


保険は、生保会社のランキングで決めるより、あなたや家族の将来に合っているかどうかで決めましょう。

保険のプロが、あなたや家族にぴったりで納得掛け金の保険をアドバイス。



毎月の暮らしを圧迫しない、あなただけのプラン

保険のプロが親身にアドバイスしてくれます

あなたの自宅や勤務先でも相談可能

満足度90% 何度でも相談無料!


保険コネクト小桃左矢印